2019-10-12期

ニッポンノワールの曲情報まとめ!挿入クラシックと主題歌の感想まとめ

ニッポンノワールの曲情報まとめ!挿入クラシックと主題歌の感想まとめ

10月13日スタートの新日曜ドラマ、ニッポンノワール-刑事Yの反乱-
今回は主題歌、挿入のクラシック音楽についてまとめてみました。
ニッポンノワールの舞台は「3年A組」の「魁皇高校立てもり事件」から半年後なのは前回お伝えしましたが、
曲も被っていたりするのかな?

挿入歌とか何気に重要だよね

ニッポンノワールの曲情報まとめ

まず、主題歌ですがサザンオールスターズの最新曲「愛はスローにちょっとずつ」
に決定しましたね!

またCMでも流れている挿入歌ですが、ヴァイオリンの疾走感のある曲ですが、
ヴィヴァルディ作曲「四季」より「冬・第1楽章 アレグロ・ノン・モルト」になります。
曲だけ聴くと分かりやすいんですが、ヴィヴァルディって聞くとわかりにくいですよね。

この楽曲は曲名にもあるんですが、四季によって曲調がだいぶ違います。
ニッポンノワールの挿入歌では冬ですが、対照的な夏と聴き比べるのも面白いかもしれませんね。

また、オープニングで流れてくる曲やサウンドトラックのBGMを担当しているのは
松本晃彦さんです。
松本晃彦さんは音楽プロデューサーとして
過去には織田裕二さんや福山雅治さんなど多くの有名アーティストに1500曲以上の楽曲を提供している
売れっ子音楽プロデューサーです。

ドラマ音楽では「踊る大捜査線」シリーズを手掛けていたんですね。
今回のニッポンノワールの楽曲と比べて聴いてみたいと思います。

曲の知識はばっちりかなぁ

ニッポンノワール主題歌のサザンの曲について

ニッポンノワールの主題歌のサザンオールスターズの曲ですが、最新曲「愛はスローにちょっとずつ」
スローテンポのバラードで切な目の失恋ソングです。
ドラマの終盤に流れたら泣いてしまうかもしれません。
サザンのプロモーションビデオ見ましたが、サザンの若かりし頃の映像盛沢山で
見ごたえがありました。

愛はスローにちょっとずつの歌詞ですが、ニッポンノワールの物語とかなりリンクしていそうですね。
亡くなった女刑事を恋人に見立てて遊佐刑事の寂しさを曲にしたと勝手に予想してます笑
やはり死んだ女刑事に恋心を持っていて切ないエピソードとか回想シーンもあるんだろうなぁ

良い曲だわ

ニッポンノワールの曲に関するネットの感想

ニッポンノワールCMで流れる音楽(クラシック)の曲もいいよね~!

迫ってくる感じがドラマの内容にピッタリじゃない

「ニッポンノワール」には広末涼子ちゃんも出てるのか。原坊が曲書いたり桑田さんのMVに出たりドラマで毛ガニさんと共演したりサザンとは何かと縁があるね。
曲はまだ聴いてないけどタイトルだけでいい歌と分かるのってスゴイ。愛はスローにちょっとずつ。ドラマとリンクできるか楽しみ。
ラマ主題歌として尖った曲合いそうなのはニッポンノワールだなー
出典・ツイッター

楽しみって意見ばかりでした、やっぱサザンは人気ですよね! 私も楽しみです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
まとめますと、主題歌はサザンオールスターズの最新曲「愛はスローにちょっとずつ」
挿入歌はヴィヴァルディ作曲「四季」より「冬・第1楽章 アレグロ・ノン・モルト」
曲やサウンドトラックのBGMを担当は松本晃彦さん
良い音楽が揃ってますますニッポンノワールの放送開始が楽しみになりました。

放送が待ちきれないなぁ

ニッポンノワールとはどんな意味?タイトルから考察してみた!「センスの塊の題名」

ニッポンノワールの子役が誰か予想?決定後は経歴もシェア

ニッポンノワールの原作は?似てるあのドラマ思い浮かぶが超えていくとか

関連記事

  1. 中島健太とは?絵の値段は?4分間のマリーゴールド監修画家が凄すぎる!

  2. 救命士と消防士の違いと特定行為とは?4分間のマリーゴールドの予習をして…

  3. 4分間のマリーゴールドの心臓マッサージが下手の声があるけどどういうこと…

  4. リカ(ドラマ)のあざは何の伏線?不気味な演出が意味するものとは?

  5. ディーンフジオカはバイオリン本当に弾いてる?シャーロックで違和感なしに…

  6. ニッポンノワール克喜(かつき)の父親はまさか清春じゃないよね?考察して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. あなたの番です”扉の向こう”見逃したらHULUへの登録す…
  2. 見放題比較!動画映画漫画で最もお得なサービスは?休みの日を超充実させるには?
  3. 純平考え直せ無料動画を高画質で見る方法と評価「柳ゆり菜大胆かつ迫真演技」「今まで…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP