2019-01-03期

パーフェクトクライムのドラマに吉沢亮が期待された理由は?キャストに様々な声

罠だらけの恋愛ドラマ、パーフェクトクライムが2019年テレ朝で放送されます。
ドラマの中のキャストに吉沢亮さんが切望されていました。キャストはいったい誰の手に?

誰がキャストになるかネットでは注目が集まっているようですね。

パーフェクトクライムのドラマに吉沢亮が期待された理由

2019年ドラマパーフェクトクライムの配役がさっそく決まりました。まずは簡単なあらすじをご覧ください。

パーフェクトクライムあらすじ

ある住宅メーカーに勤める女性、彼女の名は前島香織。周囲からは仕事のできるにんげんとして評価されるが、その裏では上司の冬木と7年間もの不倫関係をつづけていました。

現状に満足する香織。ところがある日不倫現場を同僚の東雲遥斗に目撃をされてしまいます。そして香織は東雲の仕掛けた「罠」に傾斜していくことになります。

何故吉沢亮は期待された?

当初東雲のキャストとして吉沢亮さんが期待されていました。現在決まっているキャストを見ると香織にトリンドル玲奈。そして、東雲には桜田通!なんとかねてから配役されると噂のあった吉沢亮さんは残念ながら出演しません。

何故吉沢亮さんが、キャストとして期待されていたのでしょうか?それは富士トレビ系ドラマロストデイズで吉沢亮さんとトリンドル莉奈さんのキスシーンにあるようです。

ロストデイズではトリンドル莉奈さんと吉沢さんは、大学の仲間ですが隠れた恋愛感情や嫉妬心など誰にも言えない秘密を抱えている仲でした。しかし、そんな中、吉田亮さんとトリンドル莉奈さんのキスシーンがパーフェクトクライムのタイトルが一致する、なので吉沢亮さん出演不可避!という人間ならだれでも経験したことのある。あるある思い込みがそうさせてしまったようです。

まぁあるよね思い込み、だって人間だもの

パーフェクトクライムのキャスト!批判も

さらに、パーフェクトクライムのキャストに対して批判が巻き起こっているようです。批判されている主な内容は男がブスすぎてみる気になれないという下にもない批判で、

吉沢亮さんでなくてもドラマはストーリー展開次第で全然違うものに仕上がりますので、そのあたりはそこまで心配する必要はありません。

ブスっていうのはちょっとねぇ

パーフェクトクライムのキャスティングに関するネットの反応

お父さんが吉沢亮と中川大志を判別できなくてテキトーに言っただけ」か全くのガセ
perfect Crime っていう好きな漫画がこの度実写ドラマ化するんだけど、主人公の男がブスすぎて見る気が全く起きない。あのブスは一体どなた?吉沢亮がよかった
「パーフェクトクライム吉沢亮じゃなかった。。。噂あったから楽しみにしてたのに
パーフェクトクライムドラマ化なんだ! でもキャストがちょっと違うんだよなー あの役は吉沢亮か中村倫也が合うと思うんだけどなぁぁ。

出典:twitter

ネットの反応総評

パーフェクトクライムに、ロストデイズのキャストを重ねてしまった事故がネットで批判となって巻き起こっているようです。確かに思い通りのキャストではないことは、多々ありますがそれはビジュアルというか直感的に見ただけのことであって、直接ストーリーに影響するとは絶対には言えないでしょう。批判だけをしていると、ただのわがままに見えてしまうことがあるので要注意ですよ。

まとめ

パーフェクトクライムのキャストに不満が続出しています。そのキャストとは吉沢亮さんでした。

噂の根本はロストデイズでのキャスティングです。キャスティング事態に批判をする人もいますが、そこはドラマを見てみないとわからないですから始まるのを楽しみにしていてください。

関連記事

  1. 真飛聖が北川景子と共演!似てる?変顔もすごい【画像あり】

  2. イノセンス冤罪弁護士と99.9が似てる?決定的に違うテイストとは?

  3. 箭内夢菜がかわいいお団子ヘアをインスタに!3年A組ではツインテール!画…

  4. 3年A組でエボルトはじめとした仮面ライダー出演役者一覧を作ってみた!

  5. ちょうどいいブスのススメの表紙は誰?芸人の経歴やギャグを調べてみた

  6. スキャンダル専門弁護士のオープニング曲は誰?今後ブレイク必至の新人かも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. あなたの番です”扉の向こう”見逃したらHULUへの登録す…
  2. 見放題比較!動画映画漫画で最もお得なサービスは?休みの日を超充実させるには?
  3. 純平考え直せ無料動画を高画質で見る方法と評価「柳ゆり菜大胆かつ迫真演技」「今まで…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP