2019-01-03期

人間キオスクとは?イノセンスで択が呼ばれる理由

イノセンス冤罪弁護士の主人公黒川拓です。冤罪事件をビシバシと独自の感性で解決していく黒川拓。
彼は弁護士としての肩書きですが、まわりに「人間キオスク」と呼ばれているです。
いっったい人間キオスクとは?その理由は?

そこで「人間キオスク」と呼ばれている理由を探ってみました!気になる!

人間キオスクとは?イノセンスで択が呼ばれる理由

「人間キオスク」気になりますね。
この単語は、ドラマで主人公の択が呼ばれているあだ名です。

制作側が作成したある動画の中で最初に語られました。
その動画の中で黒川拓と和倉楓の簡単なエピソードが語られます。
黒川拓は雑学をその中で語るのですが、ヌンチャクの発祥地が沖縄であることやバナナは果物ではなく草であることをカバンの中からモノを出して説明しています。

この中で黒川拓が次から次へと品物を出す様子が、駅などでちょっとしたものを売っているお店「キオスク」の様になんでもあることから
「人間キオスク」と呼ばれています。
1話で語られていたのは
「お菓子と飲み物はデフォルト」
「その他絆創膏とかキオスクみたいになんでも入っている」

択えもんの四次元ポケット、じゃダメだったの笑?

イノセンスの黒川択のキャラとは

黒川拓パラレル動画ではクスッとくる設定でしたが、ドラマの中では整理整頓が苦手で、約束した物事の順位を自分の中で勝手に変えて行動する変わり者。
他者とのコミュニケーションを即すため、カバンの中にいつもいろいろなものを詰め込んでいます。

冤罪に対する熱意はすごいけど、普段はラフな格好をしている変わった人なんだね。

具体的にはアポがあっても、途中で興味が強く向いたものを優先したり、
服装が弁護士なのにスーツではなくカジュアルであったり
事務所の物置に住み着いていたり…

それなのに、3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士なのです。

イノセンスに関するネットの反応

黒川拓は科学のほかにカバンからもの出して事件を解決するかも
イノセンスのパラレルコラボがクスッとくる
イノセンス冤罪弁護士が期待が持てるストーリー!早く見たい
「イノセンス冤罪弁護士のドラマの宣伝が空耳聞こえたけど面白そう!
イノセンス冤罪弁護士での奇跡に期待したい!」

出典:twitter

ネットの反応総評

黒川拓は冤罪に立ち向かう正義感ある弁護士であるという反面で、実は整理整頓が苦手な役を演じます。その中でも他者とのコミュニケーションを即すため、カバンの中にいろいろモノを詰め込んでいるという設定も見どころですね。

まとめ

イノセンス冤罪弁護士の主人公黒川拓は人間キオスク。キオスクの意味と黒川拓のキャラクター、そしてネットの反応も紹介いたしました。イノセンス冤罪弁護士は1月19日より放送開始です。お楽しみに!

関連記事

  1. イモトの演技うまい評価は本当?家売るオンナの逆襲の配役にも期待

  2. イノセンス最終回予想まとめ「武田真治がラスボス?」「父vs子あるよね?…

  3. 森七菜の演技力は下手?上手い?3年A組やけもなれ出演で注目度高まる

  4. イノセンス冤罪弁護士のエンディング曲は誰?発売日と絶賛の感想まとめ

  5. 初めて恋をした日に読む話でハンバーグが安達祐実に出されざわついた理由!…

  6. 3年A組の名言集!考えさせられる柊一颯最後の授業

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

  1. あなたの番です”扉の向こう”見逃したらHULUへの登録す…
  2. 見放題比較!動画映画漫画で最もお得なサービスは?休みの日を超充実させるには?
  3. 純平考え直せ無料動画を高画質で見る方法と評価「柳ゆり菜大胆かつ迫真演技」「今まで…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP